【実飲レビュー】名刀の切れ味「三千盛小仕込純米」

三千盛小仕込純米を飲みましたのでレビューします。

「三千盛小仕込純米」ってどんなお酒?

兵庫県産山田錦を100%使用し、精米歩合を40%まで磨き上げたお酒です。
規格としては、純米大吟醸酒。
日本酒度は+18どということで、かなり辛口のお酒と言っていいんじゃないかと思います。

メーカーおすすめの飲み方は、常温か冷やして飲むのがおすすめです。

規格 純米大吟醸
原材料 兵庫県産山田・米麹
精米歩合 40%
 日本酒度  +18度
アルコール分 15%以上16%未満
飲み方 常温・冷やして
保管場所 冷暗所
容量 1.8L・720ml
販売期間 通年

三千盛HPより引用



「三千盛小仕込純米」を実際飲んでみて感想は?

三千盛小仕込純米は、口をつけた最初はサラッとキレがある印象ですが、フルーティーな余韻が強く残る印象です。
日本酒度が高いので、かなりの辛口かと構えて飲みましたが、辛いっていうかキレると言った方が表現的に近い気がします。
ラベルに書かれている”名刀の切れ味”というのは的を得た表現だと思います。

「三千盛小仕込純米」と合う食べ物

この日は、長崎県小長井産の牡蠣と一緒に味わいましたが、濃厚な生牡蠣の後味にも、焼き牡蠣の海の風味が凝縮した感じにも負けることなく、引き立て合うマリアージュを醸していました。