ウイスキーとは?歴史や製法(製造方法)どこで販売されているかなどを徹底解説!




ウイスキー

皆さんは、「ウイスキー」をご存知でしょうか。
飲んだことがある人も多いかと思いますが、どんなお酒かよくわからないという人もいるのではないかと思います。

この記事では、「ウイスキー」の意味を解説させていただきます。

ウイスキーとは

ウイスキーとは、世界共通の法律があるわけではありませんが、日本の酒税法によると、醸造酒の一つで、「発芽させた穀類及び水を原料として糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの」と規定されております。

 

ウイスキーの歴史

ウイスキーの歴史は、文献に初めて掲載されたのは、15世紀にアイルランドで薬として精製された、というものがあります。その後お酒として飲まれるようになったようです。日本国内では、本格的な生産は、大正時代に鳥井信治郎が、竹鶴政孝と共に作り上げた「サントリーウヰスキー白札」が最初といわれております。

ウイスキーの製法

ウイスキーの製法は、麦を発芽させて、そこに含まれる酵素を利用して、デンプンを糖化させます。その後、濾過して麦汁を得て、酵母によって発酵させた液体を、単式蒸留器で蒸留させて精製する方法が主流となっております。